美白化粧品Q&A記事一覧

シミの原因はひとつではありません。だからこそ対策が難しいとも言えます。加齢による衰えが大きな原因となるのは間違いありませんが、それだけでは説明できないことは同じ年齢でもシミができる状況に個人差があることからも窺えます。ではどういった要因がシミをもたらすのでしょうか。紫外線はメラニン色素も活性酸素も増やす原因となり、シミができやすい環境になるまずはやはり加齢の問題について挙げておく必要があるでしょう...

シミとひと口に言ってもいろいろな種類があります。また種類によって原因や特徴が異なっており、本格的に対策を行っていく場合にはその種類に合った方法を行っていくことが大事です。ではおもなシワの種類について見てみましょう。シミの種類には紫外線によるものや摩擦によるものがあるまずぼんやりシミ。その名の通りはっきりと目立つわけではなく、境界線もぼんやりしているのが特徴です。おもに頬や鼻の横、額といった部分にで...

くすみは年齢を重ねた肌によく見られる厄介なトラブルです。シミのようにはっきり目立つわけではなく、「なんとなく血色が悪い」といった状態になるのが特徴ですが、顔全体に生じるため老けた印象に見られてしまうのが大きな問題点です。このくすみの原因にはしわやたるみも深く関わってくるだけに注意したいところです。紫外線はシミだけでなくたるみも生み出すもっとも注意が必要なのが紫外線によってもたらされるシミ。顔全体が...

くすみの原因のひとつに血行不良が挙げられます。加齢だけでなく生活習慣が原因で起こることも多いので年齢を問わず注意が必要です。血流が滞ると皮膚を通して青黒くくすみが見えてくる血行が悪くなると血液が滞留を起こします。その結果全身に酸素と栄養の供給がうまく行われなくなり、体内の余分な水分や老廃物が回収されずに蓄積されるようになっていきます。その結果肌にもさまざまな影響が生じるのです。まず血液の滞留によっ...

美白化粧品のみならずさまざまな化粧品に配合されているのがビタミンC誘導体です。この成分を目当てに化粧品を購入している人も多いでしょうし、他の成分が目当てで使用している化粧品でも知らず知らずのうちにこの成分の恩恵を受けていることが多いのです。しかし一方では具体的な内容や効果について知られていない面もあります(参照:ビタミンC誘導体配合の化粧品)。ビタミンC誘導体はビタミンCと他の成分を結合した成分混...

m-トラネキサム酸はもともと肝斑の対策として医療機関で用いられてきた成分です。医療の分野では湿疹やじんましんの治療にも用いられていますが、現在では美白化粧品にも広く使用されるようになっています。美白成分といえばハイドロキノンが有名ですが、このm-トラネキサム酸にはどのような効果が期待できるのでしょうか。まず知っておきたいのがこの成分はアミノ酸の一種であること。そのため肌への影響、副作用のリスクも少...

ハイドロキノンといえば美白成分の代表格。シミに対して非常に優れた効果を発揮することから美白化粧品にも広く使用されるようになっています。しかし一方ではハイドロキノンの使用による副作用や問題点なども指摘されているため、使用には注意が必要です。このハイドロキノンとはどのような成分なのかを見ていきましょう。ハイドロキノンにはメラノサイトを減らす作用がありシミ予防に効果的ハイドロキノンの美白効果の特徴は二つ...

シミの原因はメラニン色素という色素によって生じます。茶色をしたこの色素が生成され、肌に沈着を起こすとシミになったり、顔全体が茶色くにごってしまうのです。もともとこのメラニン色素は肌を外部からの刺激から守るために生成されるものなのですが、生成量が多すぎたり、ターンオーバーの乱れによってうまく排出されないとシミの原因となってしまいます。そのため多くの美白化粧品ではいかにこの色素の生成を抑制することがで...

シミの最大の要因は紫外線です。紫外線のダメージを受けるとメラニン色素の生成量が増えるほか、活性酸素が活発になって肌の老化が進んでしまいます。このダブルパンチでシミだけでなくさまざまな肌トラブルの原因を引き起こしてしまうのです。年齢、肌質を問わず紫外線予防は必須のケアといってよいでしょう。紫外線のシミの基本的な予防方法は日焼け止めの使用紫外線によるシミを防ぐ基本は日焼け止めの使用です。現在ではUVカ...

加齢が進むと顔にくすみが生じやすくなります。おもにターンオーバーの乱れが原因と言われていますが、実際には他にもさまざまな要因が関わっています。くすみ対策を行う際には自分がどんな原因でどんなタイプのくすみが生じているのかを把握しておく必要があるわけです。加齢でくすみが発生するのはメラニン色素の生成量が増加するから加齢による顔のくすみの大きな原因となるのがメラノサイトです。顔全体が黒くにごったようにく...

シミ・くすみ予防はスキンケアだけでなく生活習慣全般で行っていきましょう。とくに現代人は乱れた生活環境で肌トラブルの原因を作ってしまうことが多いだけにまず体の内面を健康にすることが大事なのです。シミやくすみの予防のためには睡眠環境の見直しが必須生活環境の改善によるシミ・くすみ予防の第一のポイントとなるのが睡眠。忙しい毎日で睡眠不足に陥っていないでしょうか?あるいは夜更かしの連続で不規則な睡眠環境が続...

シミにはさまざまな種類がありますし、場所によってできやすいところとそうでないところがあります。美白対策を行う場合にはこうした場所ごとの特徴や適切な対策方法を踏まえておくことも大事です。シミが最もできやすいのは日光の当たりやすい頬まず頬。一番目立つ場所でもあるので気にしている人も多いはず。この部分は日の光があたりやすいためまず紫外線対策が重要になります。それから肝斑ができやすいのもこの部分。肝斑は通...

シミ対策では乾燥によるバリア機能の改善や紫外線対策といったスキンケアがまず第一ですが、忘れてはならないのが内面からのケア、とくに食生活は体の健康の土台づくりの基本です。どんな食生活を送っているかで体に内面からシミになりやすい状態、逆になりにくい状態が決まることもあるのです。シミができやすい栄養素は脂肪分やカフェイン・砂糖などがあるシミになりやすい食生活でよく挙げられるのが脂肪分、とくにトランス脂肪...

加齢が進むとシミができやすくなる、というのは誰でも知っている基本中の基本ですが、肌質もシミと非常に深いかかわりがあります。年齢を重ねると肌の状態に個人差が表れやすく、40代を過ぎても若々しい人もいれば30代の段階でシミに悩まされる人がいるのも肌質が深くかかわっているのです。乾燥しやすい肌質は外部刺激に反応しやすくシミができやすい肌質とシミの関係については乾燥が大きなキーポイントとなります。簡単に言...

アルブチンは現在もっとも広く美白化粧品に使用されている美白成分のひとつといってもよいでしょう。この成分はハイドロキノンのメリット、デメリットを踏まえたうえで生まれた成分のため、メリットを活かしつつデメリットを抑えた内容になっているのが特徴です。アルブチンはハイドロキノンより美白効果は弱いが肌に優しいのが特徴ハイドロキノンといえば非常に優れた美白作用を備えている一方、肌への負担も大きく、肌荒れを起こ...

エイジングケアの分野ではもっとも有名で重要な成分として知られるようになったプラセンタ、美容ブームといわれる現在の美容業界を牽引する成分といってもよいでしょう。しかしその一方、この成分に関する情報は少々あいまいで混乱している部分もあるので正しい知識や使い方を知っておくことも大事です。プラセンタにはメラニン色素の生成をブロックする働きによる美白効果が期待されている混乱している理由には研究の進歩によって...

フラーレンといえばEGFなどとともに「ノーベル賞受賞成分」と呼ばれて一時期注目を集めました。技術・研究の進歩によってスキンケア製品にも配合される機会が増えており、その優れた作用が美容方面で期待されています。フラーレンにはビタミンCの120倍の抗酸化作用が含まれているのが特徴もともとフラーレンは優れた抗酸化作用によって美容業界で知られるようになった成分です。抗酸化作用といえば細胞を老化させる原因とな...